家造りの想い

Messege from House Japan

プロジェクトリーダー
稲垣憲子
二級建築士
インテリアコーディネーター

当初はソーラーを10Kw搭載してZEH基準を満たすモデルハウスの予定でしたが、なにかしっくりこなくて。数値基準をクリアしてゼロエネルギー住宅にすれば、本当に地球と人に優しい住宅なのかと。そんな時にあるセミナーで丸谷先生のお話を伺い、「これだ!」と直感しました。お話を聞いていくうちにとても共感し心地よくなったのを今でも覚えています。ただ、自然素材を使用すれば良いのではなく、日本の住宅に欠かせないのが湿気対策です。その湿気対策を怠ると内部結露が発生し壁内はカビだらけになってしまいます。この湿気をコントロールすることがとても重要なのです。また、使用した電気を大量のソーラー発電でまかない、売電してゼロエネルギーにしてもお財布には優しくても、人には優しくありません。本当の意味での「健康住宅」「パッシブハウス」をご提供したいと思いました。「そらどまの家」はできるだけ自然に近い環境で快適に暮らしていただける工夫がいっぱい詰まっています。無駄なエネルギーは極力使わず、「空と大地のエネルギー」の恩恵を受ける住宅。私たちと一緒に日本の家造りを見直してみませんか。

そらどまMeister
松下元史
一級建築士

こんにちは。施工責任者の松下です。今回「そらどまの家」を施工してみて気が付いたのは、冬の工事だったにもかかわらず「家の中がとにかく暖かい!」ということです。 そのかわり施工は相当大変でした(笑)。「そらどま換気システム」に遮熱シート「ラミパック」、透湿シートの「インテロ」など、非常に優れた製品ですが、やはり一番大事なのは「工事」!!当たり前のことですが、このような仕様の場合は特に施工が命ですね。 そこは私たちにお任せください。 一級建築士の有資格者である監督陣が、責任をもってあなたのお家をお造りします。