【今週のお花】8/21

【そらどまブログ】8/3

2020年08月03日
テーマ

みなさん、こんにちは!
今週もI様邸(そらどま仕様)の工事の様子をお届けしていきたいと思います。
現在、I様邸ではハイクリンスカットボードの施工が進んでおり、この工程で壁面の断熱に関する工事が最後になります。

写真の大半を占めるねずみ色の材がハイクリンスカットボードです。

ハイクリンスカットボードは一般的な石膏ボードの性能に加え、優れた調節性能とホルムアルデヒド吸収分解性能をもつ内壁下地材です。
湿度が高いときは湿気を吸収し、湿度が低いときには放出して、室内を安定した湿度に調節できることが特徴で、室内の急激な湿度変化を緩和し、快適な室内環境を維持します。
吸放湿能力が大きいため表面結露することがほとんどなく、浮遊するホコリが付着することも少なくなり、カビなどが発生しにくくなります。


また、そらどま仕様のI様邸と一般的な仕様の住宅を床・壁・天井の表面温度を比較してみました!
まずは一般的な仕様の住宅の場合です。左から順に床・壁・天井の表面温度です。

床・壁・天井の表面温度差は1.3℃でした。

次にそらどま仕様のI様邸の場合です。同じく左から順に床・壁・天井の表面温度です。

このように床・壁・天井の表面温度差は0.2℃でした。
想像以上の温度ムラの無さに私も驚きです!
実際に現場を訪れた際も、この時期に窓を閉め切り、扇風機も回していないのに熱気による不快感がありませんでした。
早速そらどま仕様の効果が発揮されていますね!

次週のそらどまブログもお楽しみに!
以上、矢田でした。